別名というか本名は 山本七平。

ユダヤ人のふりをして本を著していた日本人。

「日本人とユダヤ人」という本が一時大ベストセラーとなっていた。

その本を買った多くの人は著者がユダヤ人だと思って買ったのだ。