まさに戦国の世に咲いた花という形容がぴったり来る女性ですね。

英語名では Hosokawa Gracia と書きます。

本名は 玉という名前です。

ガラシャ Gracia はカソリック教会にて与えられた洗礼名です。

戦国時代はある面その次代を生きた人全員が壮絶な人生を生きたといえるかもしれません。

特に戦国時代の女性は悲惨でした。

高貴な身分の人までも同じ悲惨な運命を歩まねばならなかった人も少なくなかったのです。

細川ガラシャ夫人の人生は、その中でもひときわ美しさ,悲しさが際立ち、

キリシタンという苦しい生涯の中に一筋の光明を見出して選んだ人生、

誰しもが彼女の人生とそうせざるを得なかった時代背景に涙するのです。

数えきれないほど本やドラマになっていますが マンガ版も最近では出ていますね。