田宮二郎さんはかつて一世を風靡した銀幕とテレビのスターでした。

私自身が ドラマ「白い巨塔」の大ファンでした。

唐沢版や韓国版の「白い巨塔」と比較しても昔のオリジナルの「白い巨塔」は良いですね。

やはり主演と共演の田宮二郎、山本學のコンビがはまりきっているからでしょう。

そしてなによりも迫力があります

田宮二郎さん自体も異常に迫力のある俳優さんだなと感じていました 。

 

この二大スター以外にドラマを盛り上げたのは私から見れば中村玉緒さんです。

彼女は手術のミスで死んでしまう可哀想な患者で反物屋の妻を演じるのですが、

夫の生前は商売上親しく付き合っていた卸業者が、

夫亡き後はガラッと態度が変わってしまい、

卸していた反物を強引に引き上げに来るシーンが有るのですが、

そこで中村玉緒は必死の形相で業者に泣きながらすがりつきます。

その演技は日本の演劇史上にも永遠に残したいくらい素晴らしい演技でした。


田宮二郎さんが自殺したということに対しても、

彼のような顔はいい、演技はうまい、金はあると全てのものがそろいきった人が、

なぜそのような結末を迎えたのかと当時しては非常に衝撃的な事件でした。

しかし実は彼が精神的な問題で苦しんでいたということが事実として自殺の背景にあったわけです。

彼のような外見からは華やかな生活を送っているように見える人、

特に芸能人とかスターに関しても、その実、内面は苦しんでいる人たちもいるのだという

ある面当たり前の事実を改めて思い知らされたものです。