私が今毎日行っているスケジュール管理も兼ねた方法です。

一日に2回 その日と翌日のこと、及びその他のことを考える時間を作ります。

私の場合は1回7分位ということにしています。

1日7分が2回で 合計14分です。

日程や他のことを考えるとき、必ず紙を用意して紙に書きます。

A4やB5などの裏紙を使ってもいいでしょう。

私はアメリカにいるので レターサイズの裏紙を使っています。

左上にその日の日付を書きます。

そして、その日にするべき事を箇条書きで書いていきます。

その他気づいたこと、考えたいことを7分の間、紙を前にして黙念と考えます。

アイデアや気づきが出たらそれを紙に書いていきます。

このように毎日朝晩、晩には翌日分の紙を作って翌日の予定を書いていきます。

こうして書いた紙を毎日保存しておきます。

そうして気づいたことなどのキーワードを紙の右上に書いていきます。

こうすることで、備忘録にも日記にもなりますし自分の思考の流れがつかめてきます。

ただあまり日程ということにこだわると思考が狭くなってしまいます。

日程のような狭い思考はロジカルシンキングで、

他に考えることやアイデアを出すときはメタ思考で考えるようにして、

狭い広い両面で考えるようにします。

このように毎日短い時間でも考える習慣をつけることによって

毎日なんとなく流れていく時間と仕事に流されることなく

じっくり考える習慣と時を持つことができ後々あなたの相当な財産になることでしょう。