まず本の題名が気に入った。

3行しか書けない人というのはまさに私のことである。

SNSやネットの流行で人々が全般的に書くことへの関心が高まっている。

私がよく利用する電子書籍でも文を書くための指南書というカテゴリーの本はたくさんある。

たくさんある中でこの本を選んだ。

理由は題名が気に入ったことがメインだ。

気の利いた題を考えられる人は本の内容にも期待が持てる。

まだ全部は読んでいない。

飛ばし読みでパラパラっと読んだ。

冒頭で文を膨らますことと5W1Hの利用が書いてある。

5W1Hについては記者が記事を書くときに文章を考える基本だと言われてきた。

筆者はその中であまり人々には馴染みがないWHY(どうして、なぜ)が一番大事だという。

なるほど、WHY, WHY~と掘り下げていくことによって文に厚みを持たせていくことができるような気がする。

この本で僕も3行ライターからいい加減卒業したい。