Archive List for 人生の知識

USSインディアナポリスと伊58号発見に思う奇縁

人生の知識

大東亜戦争終結の直前に伊58潜水艦に撃沈されたのがアメリカ巡洋艦インディアナポリスです。 その2つの艦が最近になって相次いで海中から発見されています。 奇跡、奇縁としか言いようがありません。 インディアナポリスは終戦の直前に極秘任務についていました。 広島へ投下する原子爆弾をテニアン島まで輸送する任務でした。   原爆をテニアン島でおろし、その帰途のことでした。 伊58号の艦長 橋本以行はインディアナポリスの艦影を潜望鏡にとらえました。 通常は巡洋艦などの大型の艦船には、敵の潜水艦にやられないように駆逐艦の護衛がつくものでした。 駆逐艦には潜水艦の音を探知するソナーがあるからです。 駆逐艦のいるところでは潜水艦は自由に動けません。   しかしこの時、インディアナポリスは護衛なしでアメリカに帰ろうとしていました。 その理由というのが極秘任務が故に味方にもその任務を知らしめていなかったからでしだ。 私は一ヶ月くらい前にこの出来事を描いた「USSインディアナポリス」という映画を見ました。 それが故に、その後間もなくインディアナポリスと伊58が、 72年ぶりに立て続けに発見されたのは大変な奇跡に感じられてなりません。   その映画は邦題では「パシフィック・ウォー」といいます。 戦争の一局面を描いたこの映画に「パシフィック・ウォー」などという一般的に広げすぎたタイトルは イタい邦題です。 この映画はニコラス・ケイジがインディアナポリス艦長のハーヴェイを演じています。 ちなみに私はニコラス・ケイジ主演の映画はだいたい観ています。 というのも彼の主演の映画にはあまりハズレがないからです。 単独での航海で潜水艦から身を守るためにはジグザグに航行するのが決まりになっていました。   しかしハーヴェイ艦長は人間魚雷回天の存在を知っていました。 若い士官とのやり取りで彼は。 The protocol is to run zigzag, sir. 「決まりではジグザグに運行することになっています、艦長殿」 Yeah, but it’s not effective for Kaitens. 「ああ、しかし回天に対しては効果がない」 Kaitens? 「回天?」 It’s a new Japanese suicide weapon. 「新しい日本の特攻兵器だ」 It・・・

小川健太郎におもう野球と人間世界

人生の知識

  スポニチの紙面にかつて活躍した野球選手の写真集があった。 その中にかつて中日で活躍した異色のサイドスロー投手・小川健太郎の写真があった。 私は生まれが名古屋なので当然周りはドラゴンズ一色、 その中で子供は当時圧倒的に強かったジャイアンツファンも少しはいるという状況。   そんな中で小川選手が活躍していたのが私が小学校の頃だった。 私は不幸にして運動が得意でなかったので、 野球も好きではなかった。 しかし当時の子供の遊びの主流といえばまず野球だった。   小川選手は王選手に対して後にも先にも投手としては唯一の背面投げをしたそうだが、 子供の頃、他の子供達がその背面投げの真似をして遊んでいたような記憶が、 私の脳裏に子供時代の喧騒の音と共に微かに残っている。   それはともかくスポーツの、しかも昭和時代のスポーツの記録は私を熱くさせてくれる。 ついついその新聞の小川選手の記事にのめりこんでしまった。 黒い霧事件の記事も読んだ。 当時はそれこそひっくり返るような大変な大騒動だったわけだ。 そんな中で冤罪のような立場で巻き込まれた選手達も何人かいるような気がする。   私も小川健太郎に関する記事を読むにつけ感じるのだが、小川選手はぜったい悪い人には見えない。 むしろ快男児というべきだ。 並み居るスター選手の中でも実に魅力的な選手だった。 型にはまった球界の中で小川選手など異色中の異色の存在。 こういう人が野球界にいたことがあったと思うだけでも胸がすく。   黒い霧事件について、確かにヤクザとのカラミは良くないが 陰謀がからんでるような気もする。 その中で偉大な選手も沈んでいった残念な事実もある。   小川選手にしたって30歳からスタートして まともにそのままやってたらどんなすごい記録を作っていただろうか!? しかし逆に彼がまともにやっていたら、これほど人の記憶に残る選手になることはなかったかもしれない。 その他大勢の選手の一人に埋もれたいたかもしれない。

人の言うことを信じるところから御アホウがはじまる

人生の知識

人の言うことを信じるところからおバカさんが始まり、 自分の脳が動くのをやめてしまうのです。 やめるというかそれ以上動くのを止めるのです。 これは極論ですが、ある面真理です。 端的な例が宗教です。 あのオウム真理教の信者を見てください。 あれだけの事件を起こしながらも、 未だに少なからぬ数の信者が教祖が本物だと信じ続けているわけです。 オウムは極端な宗教ですが、 カルト宗教にしろイスラム原理主義にしろ、 宗教にハマっている状態というのは大なり小なり教祖並びに教団のオーソリティーの言うことを鵜呑みにする場合が多く、 思考停止の状態になっています。 同じことが宗教ではないですが宗教とほぼ同じ形態の共産主義にもいえます。 「資本論」に書かれている巧妙極まりない詭弁にのめり込む人は すべての思考を共産主義の論理に当てはめて考えるようになっています。 クリティカルシンキングという批判的な思考方法を学んでいない人は、 特に一つの考えにハマる傾向が強くありますので気をつける必要があります。 一つの考えにとらわれず広く物事を俯瞰し自分の頭で徹底して考えることが大事なのです。  

英語のことわざ 3 鶏口となるも牛後となるなかれ

人生の知識

Better be the head of dog than the tail of a lion. 鶏口となるも牛後となるなかれ これも英語と日本のことわざが、それぞれ犬とライオン・鶏と牛の違いはあれど同じ表現をしたものです。 日本のこのことわざの原典は中国の漢ができる前の時代で、 項羽と劉邦の時代に百姓たちの指導者だった一人が言った言葉だと吉川英治版「項羽と劉邦」には出ていました。 儒教の精神でもある出世すれば勝ちみたいな価値観がよく出ていることわざですね。

壮絶な人生 その10 ヘレン・ケラーとサリバン先生

人生の知識

奇跡の人と言うと日本ではヘレン・ケラーのことを指すとみられております。 私もその一人でした。 しかしアメリカではミラクルワークスという原題で、映画の主人公はヘレンケラーの先生のことを指していたのです。 つまりこの伝記はヘレンケラーその人ではなく、 この三重苦に苦しむ少女を見事に育て上げる まさに奇跡的な家庭教師のアン・サリバン先生のことを表していたわけです。 もちろん三重苦を克服したヘレンも並の人ではあるわけはありませんが、 彼女の絶望的な状況をいかに克服しようかと考え抜いて諦めることなく挑戦し続けたサリバン先生の歩みこそ、 まさに奇跡の人と呼ばれるにふさわしい、これぞミラクルワークスと呼ばれるに相応しい歩みをされたと思うのです。 ヘレンケラーは日本にも二度来ておられますし、 身障者のみならず生きる人全てに希望と感動と勇気を与える人生を歩まれた素晴らしい女性だと思います。 南部の上流階級で大金持ちの家に生まれたからこそ、 サリバン先生のような優秀な家庭教師を雇うこともできたのですが、 このヘレン・ケラーとサリバン先生の邂逅こそ神様が与えたかのような奇跡的な出会いだったのですね。

壮絶な人生 その9 田宮二郎

人生の知識

田宮二郎さんはかつて一世を風靡した銀幕とテレビのスターでした。 私自身が ドラマ「白い巨塔」の大ファンでした。 唐沢版や韓国版の「白い巨塔」と比較しても昔のオリジナルの「白い巨塔」は良いですね。 やはり主演と共演の田宮二郎、山本學のコンビがはまりきっているからでしょう。 そしてなによりも迫力があります 田宮二郎さん自体も異常に迫力のある俳優さんだなと感じていました 。   この二大スター以外にドラマを盛り上げたのは私から見れば中村玉緒さんです。 彼女は手術のミスで死んでしまう可哀想な患者で反物屋の妻を演じるのですが、 夫の生前は商売上親しく付き合っていた卸業者が、 夫亡き後はガラッと態度が変わってしまい、 卸していた反物を強引に引き上げに来るシーンが有るのですが、 そこで中村玉緒は必死の形相で業者に泣きながらすがりつきます。 その演技は日本の演劇史上にも永遠に残したいくらい素晴らしい演技でした。 田宮二郎さんが自殺したということに対しても、 彼のような顔はいい、演技はうまい、金はあると全てのものがそろいきった人が、 なぜそのような結末を迎えたのかと当時しては非常に衝撃的な事件でした。 しかし実は彼が精神的な問題で苦しんでいたということが事実として自殺の背景にあったわけです。 彼のような外見からは華やかな生活を送っているように見える人、 特に芸能人とかスターに関しても、その実、内面は苦しんでいる人たちもいるのだという ある面当たり前の事実を改めて思い知らされたものです。

壮絶な人生 その11 藤波辰爾

人生の知識

炎の飛竜 ドラゴンこと 藤波辰爾さん、 プロレス人生 45周年おめでとうございます! スポーツ報知さんから45周年の記事が大々的に出ていました。 マニアとしては永久保存モノの貴重な内容です。 このような貴重な企画をしてくださって報知さんありがとうございます。 私は藤波さんより数年年下なのですが、アメリカ凱旋帰国されたときの試合は衝撃的でしたね。 今でもありありと当時の熱狂が思い出されます。 そうしたプロレスファンの熱狂の背後でプロレスを運営している人は実際どんなことをしているのかがよく分かって非常に興味深いですね。 ストロングマシンと平田の事件に関してもこんなことだったのかーーーというあっけなさです(笑) 藤波さんのすごさは何と言っても腰痛の激痛と戦いながらも プロレスをやめることなくやり続けられているということですね。 ただでさえ大変な腰痛の痛みの中、 あの激しいプロレスの試合をこなしているのですから想像を絶しますよ。 ただレスラーの方々に言わせるとリングに上がると、 ものすごいアドレナリンが出まくって超人的な活躍をすることができるのだそうな。 私は子供の頃からのプロレスファンですが、 プロレスラーというものはファンから見ればいくつになっても超人なのです。

壮絶な人生 その8 ビクトール・フランクル

人生の知識

ヴィクトールフランクルは精神学者であり心理学者で, ロゴセラピーという心理療法を開発した人物として知られています 学派の流れとしてはフロイトの流れを組む心理学者です そして彼は3年にわたるアウシュビッツ他の絶滅収容所に収監されるという、 人間として考えられる最悪の体験を通過し、奇跡的に生きて帰ってこられました。 その人類最悪の体験を 生きのびた彼はその絶滅収容所で見た人間達の様々な精神のあり方を通して、 最低最悪の状況でもポジティブに 生きる人もいるという驚異的な事実の例をいくつか紹介してくれています  。 フランクル博士は有名な「夜と霧」という書を著しています。 夜と霧という本の題名は、ナチスが夜と霧に紛れてユダヤ人を連行していくことになぞらえてつけられています。 この本の中でフランクル博士は、 人生に行き詰まった人 感じられなくなった人そのような人に、 もう一度人生とは何かということを訴えかけてきます。 博士は私たちに問いかけます。 「私たちが人生に何を求めているのではないかではなく、 人生がわたくしたちに何を求めているかが問われていると!」 日本始め世界でベストセラーなりました 今でもベストセラーです 聖書を筆頭にする世界のベストセラーの十指の中にいつも入っている本です。 精神分野の本では唯一この本がベストセラーに入っています この本は人生に3回読むと良いと言われます。 1番目は青年期に、二番目は中年期に、最後は晩年期に読む。 誰もが人生に対して疑問を持ったり行き詰まった時にふと読みたくなる本で、 作者自身もこの本を通して数えきれないくらいの行き詰った人を治療してきている実績があるのです。

壮絶な人生 その7 三島由紀夫

人生の知識
joyof.info

壮絶な生き方といえばこの人、三島由紀夫も強烈な生き様、死に様を残していったひとりです。 特にアメリカでは三島由紀夫の名前は非常に有名です 三島由紀夫と共に切腹 harakiri という単語が非常に有名になっています しかし三島自身も彼自身の中で矛盾しているようなことを言っています 日本に軍国主義をもたらしめてほしいようなことを言っていながら、 カルダンがデザインしてつくった制服を楯の会のユニフォームとして着ていたりします 彼の文学は彼自身が作品の中で美意識過剰というか 美学中心主義と言うか、そうしたナルシシズムに酔っているような節もあり、 実際のところ、判読に難解な作品が多いのですが、 とにもかくにも日本を代表する一人であることは間違いのない事実です。 私は太宰治の文学が好きなのですが、 三島由紀夫が太宰に面と向かって「あなたの文学は僕は大嫌いだ」 という内容を言ったということは有名です。 しかし、多くの人が指摘するように私も太宰と三島はそれぞれ陰と陽のような 存在でありながら非常に似た者同士という気がします。 特に二人とも自意識過剰という点ではそうです。 また私はドナルド・キーン大先生が太宰の「人間失格」を英訳した 「No longer human」を何度も読んでいるのですが、 キーン先生は太宰も大好きでしたが、同時に三島も大好きでした。 太宰とキーン先生は直接の交流はありませんでしたが、 キーン先生と三島由紀夫は親友のごとく親しくしておられました。 そのキーン先生が言うには、 「太宰治の作品はとても翻訳しやすい。」 確かに、太宰治の諸作品は非常に読みやすいということは万人の認めるところで、 まさに日本語の作文のお手本と言ってもいいくらい読みやすいです。 対して三島由紀夫の作品にはキーン氏は 「難解な比喩が多くて非常に翻訳しづらい。」 ということでした。 三島由紀夫と非常に親しく接していたのが文壇の重鎮 ノーベル賞受賞作家の川端康成です。 この川端康成、三島に対しては非常に贔屓にしていた反面、 太宰治には厳しく、太宰治も川端康成などの反対により芥川賞の受賞を逃してしまっています。 芥川 命 というくらい芥川龍之介を敬慕していた太宰治にとっては痛恨の出来事で、 その後、川端康成に対して熾烈極まりない手紙を送りつけています。   ともあれ、太宰治、川端康成、三島由紀夫と 奇しくも三人とも最後は自殺という結末を迎えてしまいましたが、 日本の文学史上に燦然と輝く巨星たちであることは間違いありません。

To the top